オーガニック食品を詳しく解説

オーガニック食品を詳しく解説


オーガニック、有機、自然、安全、ナチュラル、純正、健康などなど、食品につけられている形容詞はたくさんあります。


しかし、2001年4月以降、"オーガニック""有機"と表示するには、農林水産省に登録した認定機関で認定を受けることが法律で定められました。


つまり、認定を取得していない食品が"オーガニック食品"などと表示するのは法律違反になるのです。


有機認定を受けた食品には有機JAS(ジャス)マークがつけられているので、他のものと容易に区別できます。


近所のスーパーなどでも、最近は少しずつ有機JASマーク付きの食品が増えてきたような気がします。一度、食品をじっくり見てみてください。


有機認定はすべての食品をカバーしているわけではありません。


現在、オーガニック食品認定の対象となっているのは"農産物"と"農産物加工食品"の2種類です。


農産物は野菜、果物、米などの穀類、豆類、それに日本では栽培されていませんが、コーヒー、メープルシロップなどがあります。


輸入食品も、基準をクリアしたものにはオーガニック食品の証である有機JASマークがつけられています。


農産物は"土で栽培されるもの"と規定されているので、野菜でも水耕栽培のものやほだ木栽培のきのこなどはオーガニック食品として認定を取得することはできないのです。


また、今のところ畜産は認定対象になっていないので、食肉や乳製品、また水産物、アルコールも認定の対象外。




Copyright (c) オーガニック食品. All rights reserved.


オーガニック食品サイトTOPへ

トップ > オーガニック食品を詳しく解説 > オーガニック食品を詳しく解説

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。