オーガニック食品/有機JASマーク

オーガニック食品/有機JASマーク


「オーガニックコーヒー」「有機トマト」などという商品を見たことがあると思いますが、そうした商品に必ずついているのが「有機JASマーク」です。


このマークは、禁止された農薬や化学肥料、遺伝子組み換え技術を使っていない有機食品、いわゆるオーガニック食品の証です。


このオーガニック食品についているマークは、禁止された農薬や化学肥料、遺伝子組み換え技術を使っていないオーガニック食品の証です。


実は「オーガニック」「有機」と表記できるのは、JAS法で決められた厳しい生産基準をクリアして認定されたものだけ。


手がかかっている分、価格は割高です。


JAS法では現在は農産物と農産物加工食品が対象ですが、今後、肉や卵、ハムなども対象になる予定です。


オーガニック食品は割高ですが安心で安全です。


お子さんのいらっしゃる家庭では、このオーガニック食品を気にして購入していらっしゃる方も多いのではないでしょうか。


農林水産省によると、有機認定農家は5,000戸未満、総生産量に占める割合は1%未満と流通量はごくわずかです。


豊富なオーガニック食品を求めるなら、自然食品専門店やデパートを利用することをオススメします。




Copyright (c) オーガニック食品. All rights reserved.


オーガニック食品サイトTOPへ

トップ > オーガニック食品/有機JASマーク > オーガニック食品/有機JASマーク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。