オーガニック食品の現状

オーガニック食品の現状


オーガニック食品、は農薬や化学肥料を使わずに育てた有機栽培の食品です。


もちろん遺伝子組み換えした食品は含まれません。


2001年4月、JAS法という制度が始まりました。


これは、オーガニック食品として売り出すためにはJAS認証機関より認定を受ける義務が必要という法律です。


食品がより安全なものがどれなのかを消費者が理解できるようになったと言えます。


オーガニック食品といっても、有機栽培をしている農家のすべてが認定を受けているわけではありません。


認定を受けるためには厳しい書類審査があり、また認定されるためには資金が必要となります。


農薬や化学肥料を使わないとされる期間も最低3年以上という枠組みがあります。


他にもいろいろとあり、小規模な農家では認定を受けることが厳しいのが現状です。


オーガニック食品は、現時点の日本ではスポンサーがいないと認定してもらうのはなかなか難しいのです。




Copyright (c) オーガニック食品. All rights reserved.


オーガニック食品サイトTOPへ

トップ > オーガニック食品の現状 > オーガニック食品の現状

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。