オーガニック食品とは

オーガニック食品とは


オーガニック食品とは簡単にいうと有機食品のことです。


農薬や化学肥料などを使用せず作られた、有機栽培による食品をさします。


日本では農林水産省に登録した認定機関で認定を受けた食品のことをいいます。


2001年4月よりJAS法と共に有機認証制度がスタートし、制度化されました。


オーガニック認定を受けた食品には有機JAS(ジャス)マークがついている。


現在認定の対象となっているのは農産物と農産物加工食品の2種類のみ。


農産物は「土で栽培されるもの」と規定されています。


野菜でも水耕栽培のものや、木で栽培されるきのこなどは認定を取得することは不可とされていて、また畜産も対象外なので、肉や乳製品もオーガニック食品にはならないと定められています。


食品の中でも日本で栽培されていないコーヒーやメープルシロップは、オーガニック食品として認定されています。


輸入食品であっても、基準が通ればオーガニック食品となる。




Copyright (c) オーガニック食品. All rights reserved.


オーガニック食品サイトTOPへ

トップ > オーガニック食品とは > オーガニック食品とは

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。